*陶器をお買い求めになられたら
まず、高台(そこの部分)を触ってみてください。
大抵の場合ザラつきは気にならない程度だと思いますが、
まれにザラザラしている場合があります。
そのままですと、テーブルや食器棚を傷つけてしまうかもしれません。
そんな時は目の細かいサンドペーパーや砥石でこすってからお使いください。

土ものの器(特に粉引や白化粧など)は、そのままお使いになると
料理の汁や油が入りこんでシミになってしまいます。
お米のとぎ汁か、お米(またはぬか)をひとつまみ入れた水に浸し、弱火で30分くらいにてください。
その後自然に冷めるのを待ってから、水洗いをしてお使いください。

煮沸すると焼具合を締めることになり、シミがつきにくくなります。


*普段ご使用になられる前に
磁器のものは吸水性がありませんのでそのままお使いいただけます。
陶器は吸水性がある為、そのままご使用になると料理の水分や油分が入り込んで
シミになったり、匂いがついてしまったりします。
ですのでご使用になられる前に充分に水に浸してからお使いください。
それでも使っているうちに多少色がうつってくるかもしれません。
それは「器が育っている」ということです。
だんだん味わいを増していく様子をお楽しみいただければと思います。


*電子レンジ、オーブン、食器洗浄機のご使用について
陶器、磁器ともに特に「使用できます」というご説明がない限り、
こうした機器のご利用はお控えいただきますようお願いいたします。
急激な温度変化によりヒビが入ったり、割れる恐れがございます。

それぞれの機器に対応している商品につきましては、それぞれの商品説明のページにてご案内いたします。

*ご使用後のお手入れについて
お使いになられた後は、なるべく早くお湯で洗ってください。
長時間つけ置きをしますとシミや変色などがおこる場合があります。
洗浄後は水気を拭き取って、よく乾かしてからしまってください。
乾燥が不十分な状態で保管しますとカビの原因となります。

器を重ねて収納する場合、紙やクッションを間にはさみますと傷がつくのを防ぐことができます。




*ガラス器をお買い求めになられたら
当店のガラス器は手作りの吹きガラスです
耐熱性はありませんので、急激な温度変化は破損の原因になります。
熱湯を入れたり、急冷はお避け下さい
電子レンジでのご利用はお避け下さい。

*一部機械生産の商品につきましては各ページをご覧ください。

*ガラス器ご使用後のお手入れについて
食器洗浄機は水流が強いため、あまり手作りの器には向きません。
なるべく手洗いをお願いします。
(一部食器洗浄機に対応している商品につきましては各ページをご覧ください)

仕上げに麻布などで拭いいただけますとガラスの曇りがきれいに取れます

収納の際、重ねずに収納することをおすすめいたしますが、
重ねる場合は紙やクッションを間にはさみますと傷がつくのを防ぐことができます。